メニュー

受講生の声(鈴木健太郎さん)

「データへのアプローチが変わり、定量的に自信を持ってアウトプットできるようになりました」

「仕事がスムーズになりプライベートの時間も増えました」

略歴

suzuki

鈴木健太郎さん

大手医療機器メーカーで海外営業を担当。新興国(中近東・アフリカ)で営業活動、市場調査や現地販売会社の管理に取り組む。中央大学総合政策学部卒業。趣味はトライアスロン。

 

受講したコース

「ビジネス定量思考」

受講の背景

――プリンシプルズを受講した背景を教えてください。
海外営業で新興国の市場調査を担当しています。新興国は情報が非常に限られており、限られたデータから売上を伸ばす施策を定性的に数字を分析して立てる必要があります。そのような考え方を学びたくて、ビジネス定量思考を受講することにしました。

 

――新興国の市場調査は難しい仕事ですね。
はい。限られたデータと言いましたが、そもそもデータがない、データがあっても必要なデータがなかったりデータが信用できなかったりします。そのような数字からどうやって結論を導くか普段から悩んでいました

プリンシプルズの良さ

――受講してプリンシプルズの良さをどのように感じましたか。
最もユニークかつ自分に合っていると感じたのは反転授業です。授業の一週間前に事前課題をもらい、その課題に1週間取り組んで、授業で答え合わせと発展的な考え方を学びます。このスタイルだと、毎日1時間取り組めば、授業時間と合わせて10時間弱はその課題を考えることになります(※)。無理なく毎日コースの内容を考えることで、1ヶ月で考え方を成長させることができました。

 

――毎日1時間は受講生の中でも予習が多い方ですね。どのように予習時間を作りましたか。
講義ビデオが事前に配信されるので、通勤時にビデオを見ました(※)。また、帰りにそのビデオを思い出しながら課題への取り組み方を考えて、帰宅後に分析やレポート作成をしました。自分の場合は無理やり時間を作るのではなく空いた時間になるべく予習をするスタイルで取り組みました。

 

※ ビデオ講義はYouTubeで提供しています。取り組み時間は個人差があります。

 

――プリンシプルズの強みは何だと思いますか。
いろいろなバックグラウンドの普段は一緒に仕事をしないような方々が授業に参加していることです。授業だけではなく、飲み会でのプライベートな話からも学びがあり、これは非常に貴重な機会だなと思いました。

 

例えば、仕事に関連して金融の知識をもっとつけなければと思っているのですが、先日のプリンシプルズのイベントでは金融のプロの方々と話ができました。仕事で金融機関の方と打ち合わせをしてもどうしてもやり取りが堅くなってしまうので、このような場でざっくばらんに話ができるのは貴重です。

 

また、受講後も(受講経験者の)コミュニティの掲示板などで質の高い情報を引き続き得ることができます。普段からスマートフォンでさまざまな情報を確認していますが、その中でも質の高い情報を得ることができて参考になり刺激を受けています。

プリンシプルズで学んだこと

――プリンシプルズで学んだことは何ですか。
データへのアプローチの仕方です。本当に正しいデータか本質から数字を見るようになり、アウトプットの数字もこだわりを持って作るようになりました。これまでは定性的な感覚だけでやっていたことを、定量的な根拠をつけて自信を持ってアウトプットできるようになりました。

 

また、社内では「当たり前」になっているけれども客観的に考えると疑問を感じる業務がいくつかありました。そうは言っても今まではどうしたら良いかわからなかったのですが、プリンシプルズで数字の考え方を学んだことで、改めて自分の普段の業務を見直すことができました。

 

――授業で学んだ考え方が生きているのですね。
数字の出所が正しいか、数字が正しいか、自分が導き出した数字の根拠を後でしっかりと相手に説明できるかをすごく意識するようになりました。数字の裏付けをしっかりと持って話ができるようになったので、社内説明で上司に指摘を受ける回数が減りました。上司を説得できる資料を作れるようになったので、仕事がスムーズになりプライベートの時間も増えました

 

――鈴木さんは、以前は営業企画ではなく営業の担当でした。学んだ内容は、当時も役立ったと思いますか。
はい。数字に強ければ、こだわりを持って営業活動ができたと思いますし、社内で関係者を説得する際のプレゼンテーションや交渉の仕方がまったく違ったと思います。当時は、数字ということを考えもしなかったので、熱意だけで社内の人を動かそうとしていました。今なら、熱意だけでなく論理的になぜこのソリューションが顧客に必要かを数字の根拠を持って説明できます。戻れるならば、もう一度戻って営業をやりたいです。

受講を検討する方へのメッセージ

――プリンシプルズで学んだことを一言で表現すると。
まさに実践力だと思います。(ビジネス定量思考の)4回の授業の中で、毎回学んだことをすぐに次の日から使える、そして質の高い仕事ができるようになる、これはまさに実践力だと思っています。

 

――プログラムに関心のある方へメッセージをお願いします。
普段、当たり前だと思っている仕事のやり方を、授業で技術や考え方を学ぶことによって、まったく違う角度から見られるようになります。仕事のやり方を変えることで、仕事の生産性が上がり、より質の高い根拠のある仕事ができるようになります。是非、皆さんも受講してみてください。

 

――ちなみに、受講してもとはとれましたか。
はい。プリンシプルズは他のMBAスクールと比べてサラリーマンにもリーズナブルな金額設定になっていますし(笑)、ダメもとで受けたとしても受講後には絶対に後悔しない何かを学べると思います。

 

――お忙しいところ、ありがとうございました。