メニュー

ブログ

昨年の振り返りと新年の抱負

カテゴリ: プログラム 作成日:2018年01月03日(水)

 

新年明けましておめでとうございます。昨年度も多くの方に大変お世話になりました。改めて感謝の意を表わさせていただきます。

 

180103

 

さて、新年ですので、昨年の事業の振り返りと新年の抱負について。なお、1年前の抱負はほとんど達成できていないので前向きに忘れることにします。事業を創るとは斯くも難しきということで。

 

昨年の振り返り

昨年を通じて累計の受講者が70名を越えました。人数としては少ないですが、受講生の方には1ヶ月~4ヶ月の時間をコースに使っていただく必要があり、多くの時間を受講生の方にコミットしていただけたことを嬉しく思います。

 

受講後少し経過してから「学びが役立っているか」を伺わせていただくことがありますが、何人かの方に経験談をインタビューで答えていただきました。より多くの方のお役に立ちたいと思っています。

 

創業当初から提供している「数字」関連のコース(ビジネス定量思考、財務会計、コーポレート・ファイナンス)については、内容がほぼ固まりました。若手~中堅の社会人向けだけでなく、(プロの卵である)投資銀行の若手社員向けにもコース提供するようになり、どこの会社にも出せる良い内容に仕上がりました(継続的に手は入れていきますが)。そのあたり(海外を含む)のビジネススクールに通うよりも、実務に役立つ内容を体系的に学べます。

 

その他に、論理力と戦略のモニターコースを開催しました。論理を自分で教材を作って教えることで、社会で必要な論理とは、国語、論証、コミュニケーションだとよくわかりました。なぜ社会で必要な論理のトレーニングが大学までの学校教育で万人に十分に施されないのかがよくわかりませんが、論理力は近日に正規コースとして開講します。

 

些末なことですが、授業を隔週と毎週のどちらで設定するか、といったコースのフォーマットについても子細を固め、個人向けのコース提供は毎週授業の形式に統一しました。これ、コースを受ける側にとっても提供する側にとってもかなり重要な問題だったりします。ちなみに、フォーマットの修正に合わせてコースの内容は拡充され、同じタイトルの内容でも現在は創業当初の2倍~3倍ぐらいのボリュームになっています。

 

コースを提供させていただく中で教えることの発見がさまざまにありましたが、特に、考えられない人は考えられていないことがわからない、学びのスピードには個人差が非常に大きい、という二点が大きな発見でした。当たり前に聞こえるかもしれませんが、学びと成長の関係や人材育成の検討において十分に考慮されていないポイントだと感じており、関連して新たなコースの展開を考えています。

 

今年の抱負(会社として)

個人向けの受講生募集のサイクルを確立する。特に、昨年末から開催を始めた会計ファイナンスセミナーが好評なため、これを軸に既存のコースをしっかりとまわしていきます。

 

コースの種類を増やす。昨年たどり着けなかった、戦略とセールスのコース開講は大きなテーマです。

 

法人向けの研修を新しいフォーマットで提供する。いくつかアイデアがあるため、新フォーマットでの研修提案に年始から積極的に取り組んでいきます。

 

本を出版する。これを今年の最大の目標にします。構想はできたので...。

 

他にもいくつかやりたいことがありますが、それはここでは秘密です(^^。

 

今年の抱負(個人として)

運動する。起業家は体が資本、ということで今年こそ。生活リズムのどこに運動を組み込むかを今日考えます。

 

家族との時間を増やす。昨年末に第二子が誕生したこともあり、家族との時間を少しでも増やしたいと思っています。もちろん、起業家としてはメイク・マネーが最大の家族孝行なのですが。。。

 

あと、将来やりたいこととして、踊れるようになりたいんだよな、ということを正月に思い出しました。30代の間にダンスの練習をはじめたい。

 

というわけで、本年も皆さま宜しくお願いいたします。

 

藤波由剛

 

============

1)「企画担当・事業マネージャーのための会計ファイナンスセミナー」(無料)を好評開催中。詳しくはこちらから。

2) コースの詳細はプログラム一覧パンフレットからご確認いただけます。

3) 法人向け研修を提供中。こちらのフォームよりお問合せください