メニュー

仕事における人材育成のアカデミックな理論~『経営学習論』

カテゴリ: 書籍など 作成日:2017年02月13日(月)

 

自分が以前書いたブログを見返したところ、「仕事ができるようになるとはどういうことか?」というテーマについて、何と3回も書いていました。昨年末に教育の専門家の方に当該テーマについて質問した際に、教えていただいた参考書が、中原先生の『経営学習論』です。

 

q?_encoding=UTF8&ASIN=4130402579&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=principlesamazon-22

 

この本は、実務家ではなく教育専攻の大学院生を対象に、教科書のような位置づけで書かれています。ですので、全体的に表現は堅めで、読みやすくはありません。しかし、企業と学習の関係について関連テーマが俯瞰できるようにまとめられており、この分野のアカデミックな全体像を理解するにはとても良い本かと思います。

 

私が興味の強い分野は、人が経験を通じてどのように学ぶかをまとめた「経験学習」のセクションで扱われています。嬉しかったのは、経験と概念化を繰り返し経験しながら学ぶ「コルブの経験学習サイクル」というこの分野で著名な考え方が、当社で掲げている「成長のサイクル」の考え方と非常に近しかったことです。私は「コルブの経験学習サイクル」という考え方は知りませんでしたが、これまでに仕事の経験と試行錯誤を通じて確信として抱いていた学びのプロセスについての考えが、理論的にも研究者の間で比較的受容されていることがわかり、とても安心しました。

 

一方で、初めて知って面白いと思ったのは、コルトハーヘンの「ゲシュタルト=スキーマ化=理論化」の3段階モデルです。ドイツ語が出てきて、アカデミックな感じがワクワクしませんか?…という点はどうでもよろしいのですが、「ゲシュタルト」とは、自分の行動に影響を与えているが、自分で言語化ができていない過去の自分の経験です。これを、自らの言葉に落として自らのものとしていくプロセスが「スキーマ化」と「理論化」であるとされています。この感覚は非常によく理解でき、とても興味深いです。このプロセスに取り組むための方法論もあるようなので、時間を見つけて関連書を読んでみたいところです。

 

その他に本書では、人が組織の一員となるプロセス、OJTの構成要素、社外活動の意味などについて包括的に扱っています。人が組織の一員となるプロセス(組織社会化)は、主に学生の就職や新卒研修が扱われていますが、コミュニティの設計などにも役に立つ考え方だと感じました。人と組織の論点が教育の立場から体系的にまとめられており、いずれのパートも大変勉強になりました。

 

ところで、ビジネス・スクールの起ち上げを経て改めて思うこととして、「教育」をテーマに掲げたときに、幼児や小学生を対象とした教育、あるいは中学生~大学生を対象とした教育に強く関心を持つ方は比較的多くいらっしゃるものの、「大人」を対象にした教育に強い関心を抱いていらっしゃる方は圧倒的に少ないということです(むしろ、ほとんどいません)。中原先生も、「子ども」ではなく「大人」を対象とする研究は比較的新しいと述べられています。昔から、「働く」をテーマにした学びに強い関心を持つ自分としては不思議なことなのですが、これはなぜなのでしょう。。大人は…子どもとちがって、かわいくないからでしょうか!?(笑)

 

============

1)「企画担当・事業マネージャーのための会計ファイナンスセミナー」(無料)を好評開催中。詳しくはこちらから。

2) コースの詳細はプログラム一覧パンフレットからご確認いただけます。

3) 法人向け研修を提供中。こちらのフォームよりお問合せください

あなたは何タイプ?『起業の教科書』で学ぶ起業のリアル

カテゴリ: 書籍など 作成日:2017年01月16日(月)

 

『起業の教科書』は、ベンチャー支援を行っているトーマツベンチャーサポートがまとめた、起業に必要なノウハウ集といった趣の本です。最終的に会社をスケールさせ、IPOや大企業への事業売却をイメージしているスタートアップ創業者や経営陣が想定読者だと思います。

 

q?_encoding=UTF8&ASIN=4822235874&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=principlesamazon-22

 

起業前後に決めるべきこと、チームビルディング、お金とファイナンス、PRといった項目について、起業イベントで話されるような具体的な内容が本書ではまとめられています。例えば、いま当社では、より多くの方に当社のプログラムを知っていただくための広告宣伝の方法について検討していますが、PRのセクションの内容は大変具体的で参考になりました。キャッチコピーと自社についての簡潔な説明の重要性がセクションのはじめに出てくるのですが、改めて表現しようとすると少し考え込んでしまったり(汗)、年末年始にかけてこの本に考えるきっかけを提供してもらいました。シカゴ留学中に、さまざまな起業家やベンチャーキャピタリストから、「現場の小話」や「やった方がいいこと、やらない方がいいこと」を聞いていたことが、自分で会社をするにあたって結構参考になっているのですが、この本は日本のベンチャーシーンにおけるそのような「役に立つ小話」を出来る限り体系的にまとめてくれているという印象です。

 

現場経験を踏まえていて面白いなと思ったのは、冒頭に出てくる起業家のタイプ説明です。起業家の傾向として、なぜその事業をするかのWhyが強いビジョナリー型、何を提供でるかのWhatが強い技術者型、どのように事業を形作るかHowを考えるのが強いアナリスト型、顧客のWhoばかりを考える営業・デザイナー型の4つの型が紹介されており、これらのすべてが揃わないと起業はうまくいかないと論じられています。職業人としての性格とリンクするところがあり、面白く、かつ納得感のある分析です。私の場合はどうでしょう、Whyが強くてその他は弱いようにも思いますが、自分自身のことは客観的にわからないので、何とも言えません。

 

起業の準備として本書では少し不足しているかなと思うのは、何を顧客に価値提供するか、何を顧客に売るかを考える部分です(逆に、それ以外の実際に起業する中で躓きそうな点へのアップトゥデイトなアドバイスは本書がお勧めです)。「何を売るか」「差別化できる事業とはどういうことか」について、私が一番記憶に残っているのは、起業に関連する本で初めて読んだ『シリコンバレー流起業入門』です(私が読んだのは初版)。

 

q?_encoding=UTF8&ASIN=4496049910&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=principlesamazon-22

特に、商品には「ビタミン剤」と「痛み止め」があり、「痛み止め」を事業にしなければならないという指摘は衝撃的で、今振り返ってみるとこの本から私の人生は大きな影響を受けたかもしれません。起業に興味がある方には、こちらも是非お勧めしたいと思います。

 

============

1)「企画担当・事業マネージャーのための会計ファイナンスセミナー」(無料)を好評開催中。詳しくはこちらから。

2) コースの詳細はプログラム一覧パンフレットからご確認いただけます。

3) 法人向け研修を提供中。こちらのフォームよりお問合せください

やっぱり戦略の実務の名著~『企業参謀(新装版)』

カテゴリ: 書籍など 作成日:2017年01月05日(木)

q?_encoding=UTF8&ASIN=4833416948&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=principlesamazon-22

 

今日、戦略コースの開発について打合せをするため、久しぶりに大前研一氏の『企業参謀』を読み返しました。

 

私がこの本を買ったのはいまから約10年前に、ITの営業をやっていた時です。当時は、あまりピンと来なくて読了することができませんでした。投資銀行の駆け出し時代は忙しくて読む時間と気力がとれず、はじめて本書を読み切ったのは留学中です。その時は、まだ自分で(小さいものであっても)事業の全体像を考え抜くという経験がほとんどなかったので、投資銀行での企業買収の経験を踏まえて含蓄の深い本だなとだけ思った記憶があります。そして、今回です。

 

私は、この本の名著たる所以は、企業戦略立案の「実務」の思考のプロセスが的確に深く表現されている点にあると思います。例えば、冒頭の戦略的思考入門という章は、旅行会社のパッケージ商品を「分解して」理解し、自分がどこに対価を払っているのかよく理解することが大事だ、という話から始まるのですが、そのわかりやすさ、あらゆる物事を分析する際に応用できる考え方の射程の広さ、どちらも素晴らしく、久しぶりに読み返して感嘆しました。例えば私が授業でよくお話しする「企業価値を評価する際は、何を前提としているのか、どのようなリスクを自分が受容した結果の評価結果なのか、を必ず理解する」ことも、この旅行会社のパッケージの話の延長線上にありますし、あるいは「長期の目標をいかに日々のタスクに落とし込んで日々の生産性を高めるか」も同じ延長線上にあります。本書では、戦略的思考入門に続いて、企業が戦略を検討する際に必要なプロセスと考え方が丁寧にまとめられており、実務の直接の参考にできます。

 

この本の勿体ない点は、この本の主な対象が経営者や経営企画であるために、扱う内容が「企業全体」「事業全体」の視点中心になっていることです。それが、この本に書かれている「戦略的思考」は多くの人に役立つ内容であるにも関わらず、私が営業マン時代にこの本を読了できず腹落ちさせられなかった理由のひとつでもあるでしょう。例えば、第2章の中期経営戦略計画やPPMの話は、会社全体を見る経験がないとピンと来ないと思われ、そのような役割を担う人はそれほど世の中に多くないと思います。一方で、その次に出てくる製品・市場戦略は、事業に真剣に携わる方であればどなたでも経験年数によらず本来は理解した方が良い内容だと思いますが、ただここだけ取り出しても、エッセンスがわずか17ページに凝縮されているため、やはり営業マンだった自分には理解が難しかったのかなと思う次第です。また、はじめの章にいきなり出てくる使用総資本利益率(ROCE)という考え方は、私が授業で扱うROICですが、これも授業に参加していただく皆さんの反応を見るとパッとは理解できないと思いますので、たまに出てくるこのようなテクニカルタームも本書を読みにくくしている理由のひとつだと思います。

 

とはいえ、少し読み手を選びますが、やはりこの本が名著であることに一点の揺らぎもありません。1970年代に出版された本ということで、ビジネス、あるいは商売の本質というのは、そんなに変わらないのだなということを改めて感じます(たぶん、アリストテレスの時代からそんなに変わっていないのだと思います)。

 

ところで、この本の一番最後(私が読んでいる版はAmazonで参照している版よりも装丁が古いのですが、多分あるはず)に、『附章 先見術 「成功パターン」を透視する必要・十分条件』という短い章があるのですが、これは事業を作るという観点では非常に面白いですね。大事業を生み出す優れた起業家・経営者には予言者のようなところがあり、細かな分析をしているかはともかく、以下の条件を満たしていることが多い、と、著者は書いています(以下、抜粋)。

 

  1. 事業領域の定義が、明確になされている。
  2. (将来の予言ではなく)現状の分析から将来の方向を推察し因果関係について、きわめて簡潔な論旨の仮説が述べられている。
  3. 自分のとるべき方向についていくつかの可能な選択肢のうち、比較的少数のもののみが採択されている。また選択された案の実行に当たってはかなり強引に人、物、金を総動員して、たとえ同じようなことを行っている競争相手がいても時間軸で差が出ている。
  4. 基本仮定を覚え続けており、状況が全く変化した場合を除いて原則を外れない。

 

これらを満たす事業は大成功することがあり、そのようにして事業を成した人を人は「先見の明がある」と言うということです。非常に深く、その通りだなと思う指摘です。 ちなみに、この章の中には、イノベーションのジレンマとまったく同じこともさらっと書いてあります。少し古い本ですが、是非多くの方に読んでいただきたいと思います。

 

============

1)「企画担当・事業マネージャーのための会計ファイナンスセミナー」(無料)を好評開催中。詳しくはこちらから。

2) コースの詳細はプログラム一覧パンフレットからご確認いただけます。

3) 法人向け研修を提供中。こちらのフォームよりお問合せください

『現代文標準問題精講』~国語を学ぶとはコミュニケーションと思考を深めること

カテゴリ: 書籍など 作成日:2016年12月02日(金)

 

以前、就職活動中の学生さんにエントリーシートの書き方を助言したことがあります。その際に、表現や論理が、社会人、いや、大学生のレベルに達していないな…と感じるエントリーシートに出会いました。アドバイスをする際にエントリーシートそのものに手を入れることは基本的にしないのですが(そうすると、学生さんが自分で考えて思考や言葉を自らのものとする機会が失われてしまいます)、その時ばかりは指導のやり方を思いつかず、例文として書き方を添削してしまいました。

 

その時強く感じたのは、表現や論理が社会人として最低限のレベルに達しているかは、「国語力」の問題だということです。そしてふと、確かにそれは国語力だが、国語力というのはどうやって教えられるもだろうか…と疑問に思いました。その時、たまたま目に入ったのが、母校の先生が書いたこちらの本です。

 

神田邦彦著『現代文標準問題精講』旺文社 2015年

 

この本をパラパラと読んでみて(すみません、ガッツリと問題を解いてはいません)衝撃を受けたのは、「そうか、国語とはコミュニケーションを学ぶということだったのか!!!」ということです。例えば、わかりやすく文学の問題文をひとつ抜粋してみると、以下のような設問がありました。

 

「問四:傍線部5『とてもいいなぐさめを、ありがとう』とあるが、この言葉に込められたマイクの想いについて、七十字以内で説明せよ。(299頁)」

 

学生の頃は、「こんなこと聞いてどうするんだろう」…とまでひねくれたことを考えたことはありませんでしたが、社会に出てから振り返ってみると、これはコミュニケーションの練習そのものではありませんか。ある背景と状況のもとで、マイクがこのように言っている、それにどういう意味があるのか、あるいはマイクの発言がどのような背景からなされているかを考える、ということは、社会人のコミュニケーションとして日々行われていることです。まさか、国語の学習にそのような目的があったとは、考えたことがありませんでした。

 

ちなみに、私の理解では、国語によるコミュニケーションの教え方には、2つの考え方があるように思います。ひとつは論理的なアプローチです。本書でも文章構造に関する解説が何回か出てきますが、例えば、主張を説明する方法には、(1)具体例を挙げる、(2)言葉を換えて繰り返す、(3)対比的なものを利用する、の3つしかないという本書の主張は、普遍的な「論理」の考え方ではないかと思います(言葉を換えて繰り返すのが論理的に議論の補強になるかはやや疑問ですが、文章としてはありだと思います)。

 

もうひとつは、「慣習的な」アプローチです。例えば、本書では一番はじめに「『のである』文は最重要」と述べられています。では、なぜ日本語では著者が重要な箇所に「のである」をつけたがるかと言えば、これは「重要な主張には『のである』をつけるのだ」と私たちが教えられたからではなく、日本語に日々接する中で「どうも重要な主張には『のである』がついていることが多いような気がする」と私たちが無意識のうちに感じており、その無意識にしたがっているからではないかと思います。留学中に、英語が母語でない人の文章を読み、「このような表現はあまり英語で見ないなあ」と違和感を感じたことがあり、その時に、単純に「なじみがあるかどうか」が言語を理解する上では結構大事なんだなあと感じたのですが、それとまったく同じことです。国語を学ぶとは、私たちが無意識のうちに従っている言語の慣習を言語化して明示的に理解するということでもあると思います。

 

さて、本書に戻りますと、著者は国語を学ぶ効用としてもうひとつ、「さまざまなものの見方を学ぶ」ことの重要性を取り上げています。いやはや、そのような先生の高尚な意図をしっかりと理解していれば、学生時代の私も国語の勉強に励んだかもしれませんが、私は国語の授業をきちんと聞いていた記憶がほとんどないのです。先生、申し訳ありません。子どもの教育には参考にさせていただきます。

 

しかし、国語を十分に身に付けずに大学生になってしまった場合、どのように学びなおせばよいのでしょうか。私は証券会社時代に、「大概のことはOJTで学べる/教えられるが、英語をOJTで学ぶ/教えるのはかなり無理」と思いました。語学は、ある程度できるようになるまでにやらなければならない積み重ねがあまりに多いので、やっぱり基礎ができていないと職場では匙を投げるしかありません。日本語の学びも似たところがあると思いますので、どうしたものだろうと思います。今すぐにはどうもできませんが、いずれ取り組んでみたいテーマです。

  

============

1)「企画担当・事業マネージャーのための会計ファイナンスセミナー」(無料)を好評開催中。詳しくはこちらから。

2) コースの詳細はプログラム一覧パンフレットからご確認いただけます。

3) 法人向け研修を提供中。こちらのフォームよりお問合せください

『超一流アナリストの技法』

カテゴリ: 書籍など 作成日:2016年11月21日(月)

 

野崎浩成著、『超一流アナリストの技法』、日本実業出版社、2016年11月

 

本書は、銀行アナリストとして一線で活躍し続けた著者による、「仕事論」と「アナリスト論」です。著者は、一般の幅広い読者層を想定しているようですが、個人的には、金融の関係者で「エッジを立てる」ヒントを探している方や、アナリストの考え方を知りたい方にお勧めの本だと思います。

 

私が読んで特に面白く感じたのは、本書後半の著者の「アナリスト論」です。第5章に記載されたアナリストとしての企業分析とバリュエーションの視点は、教科書的な記載にとどまらず顧客(投資家)への説明力との関係が詳述されており、大変面白いです。アナリストの考え方は、ファンダメンタルズに寄りがちな投資銀行のバンカーよりもマーケットに近く、かといって実際に投資によりリターンを上げることではなく投資のアイデアやユニークな分析を顧客に提供することに重きを置いているため適度に分析的で、マーケットの見方への示唆に富みます。デュポン・システムの「オリジナル」版を作るという発想は、マーケットの「ジャーナリスト」のような立ち位置であるアナリストならではでしょう。ただし、説明がかなりシンプルなため、バリュエーションが一通り分かった上で読まないと著者の考えを理解するのは難しいと思います(詳細は別の著書で解説されているのかもしれません)。また、著者が強調する資本コストの重要性には同意しますが、その強調の強さは、資本コストが実際の経営に大きな影響力を持つ金融機関を担当してきた銀行アナリストという著者のバックグランドが関係あるのではないかと思いました。
 
第6・7章に詳述された、「優れたアナリストとは」(あるいはアナリストとして生き残るためのアドバイス)の見解も、大変面白いものです。例えば、266頁に記載された「アナリストのリテンションレポートやイベントに対するコメントのレベル」という図表を見て、過去に自分が触れたアナリストレポートを思い返してみれば、面白いレポートとそうでないレポートの差がクリアに整理できます。「逃げるのは失格」という一節がありますが、リスクをとってポジションをとることの重要性と、ポジションが外れた場合の反省の重要性は、形のない言葉のビジネスに携われた方であれば強く頷くところではないでしょうか。
 
この2章に記載された「優れた仕事」の考え方は、アナリストだけではなく、メディアや調査など「情報発信」という仕事に対して、かなり等しく当てはまります。私にとっても、自分の強みや、できていることできていないことを見直すとても良い機会になりました。基本は金融がテーマなので金融関係の方に参考になると思いますが、広く情報発信や形のないコンサルティングを手掛ける方にも参考になるかもしれません。
 
ちなみに、著者によると、アナリストは目立つため、個人投資家による賞賛や中傷がネット上に溢れることがあるそうです。著者のアドバイスは、「こうしたノイズに耳を貸すと、心は簡単に粉砕されてしまいます。アナリストになったら、ヤフーファイナンスの掲示板などはあまり見ないほうが良いでしょう」。アナリストという非常にタフな仕事で評価にさらされ続けてきた著者ならではの、アドバイスだと感じました。
 

============

1)「企画担当・事業マネージャーのための会計ファイナンスセミナー」(無料)を好評開催中。詳しくはこちらから。

2) コースの詳細はプログラム一覧パンフレットからご確認いただけます。

3) 法人向け研修を提供中。こちらのフォームよりお問合せください