メニュー

Gの入口としてのMBA

カテゴリ: キャリア・教育 作成日:2016年11月14日(月)

トランプ当選の背景分析、以下の冨山さんの分析は非常に明瞭でした。冨山さんの「G型大学とL型大学」という従前からの主張と、同じ考えに基づくものと理解しています。

 

【冨山和彦】「Gの時代」が終わり、「Lの時代」がやってきた

 

Gの世界がこれまでの社会をリードしてきた―という感覚には、とても同意できるところがあります。なぜなら、MBA留学時に、MBAトップ校はGの世界の「入口」という感覚を持ち、そのような世界を垣間見ているからです。

 

現在の私は、東京は昔ながらの半蔵門界隈で、自営業(!?)として自由気ままに(!?)働いていますが、シカゴ大学MBAの同級生や日本人の留学同期の中には、卒業後に文字通り「世界を飛び回っている」人がいます。その代表的な職業は、コンサルタント、投資銀行、VCなどの投資家、そしてシリコンバレーのテクノロジー企業に勤める人たちです。テクノロジー企業は少し特殊ですが、その他の「伝統的な」エリートの世界に入るために、MBAトップ校はエントリーチケットを提供してくれます。私は、教育システムの在り方を自分なりに考える中で、現在の「MBA」という学位の価値の半分は、このようなGの世界へ入るためのブランドとネットワークであると整理しています。

 

留学は本当に楽しかったですし、貴重な代えがたい経験でした。また、特に海外経験のない日本人がさまざまな人に揉まれて成長する場として、留学に高い価値があることは間違いありません。しかし、よりグローバルな視点で見たときに、このようなGの世界へのエントリーチケットとしての現在のMBAの在り方と、参加に必要な高額な授業料には、強い疑問を持っています。ビジネス教育はより幅広い人々から求められており、もっとアクセスのしやすいビジネス教育が必要なのではないだろうか―。

 

そのような想いがプリンシプルズの創業のひとつの経緯になっているわけですが、冨山さんの解説を読みながら、自分はGとLの世界の狭間にいる人間なのかもしれないなと思いました。誤解のないように補足しますと、Gの世界にも、Lの世界にも、人間的に優れた方、志を持った方、優秀な方が多くいらっしゃいます。自分が、これらの世界の架け橋のような存在になれれば、とても嬉しいですね。

 

============

1)「企画担当・事業マネージャーのための会計ファイナンスセミナー」(無料)を好評開催中。詳しくはこちらから。

2) コースの詳細はプログラム一覧パンフレットからご確認いただけます。

3) 法人向け研修を提供中。こちらのフォームよりお問合せください

モバイルファースト?

カテゴリ: 起業 作成日:2016年11月08日(火)

当社のページが、モバイルに対応しました。以前よりも、スマートフォンから読んでいただきやすくなっています(細かいチェック作業はまだこれからですが)。

 

しかし、モバイル用のページにはやや不本意な点があります。例えば、パソコン用のページに最適化して「中央揃え」で作成した箇所が、モバイル用でも中央揃えになってしまい見にくいといった問題があります。しかし、制作会社さんに確認したところ、制作したシステムの事情で、該当箇所の表示をパソコン用とモバイル用で変えることはできないそうです。確かに、パソコン用を更新すればモバイル用も更新されるよう、手間を省くため両者が同期されている以上、ある程度はそのような不都合が出るのも仕方がない気がします。

 

「モバイルファースト」で既存企業と勝負をするITスタートアップがありますが、なるほど、パソコン用のレガシーが現在も稼働していると、モバイルファーストにするのは簡単ではないのだなと、(先日起ち上げたばかりなのに)すでにモバイルファーストでない当社として感じるのでした。当社はITの会社ではありませんが、なにごとも実際にやってみるとわかることがありますね。

 

当社にとっては、ブログがモバイルで読みやすければ、他のページはモバイルファーストでなくてもそれほどマイナスではないような気がする・・・ので、現状からモバイル用を大きく変更する予定はありません。どちらかというと、昔の後輩から最近、「会社名+私の名前でGoogleで検索しても全然出てこない!」という指摘を受けた方がショックでした(笑)。コツコツと、がんばっていきたいと思います。

 

Facebookで最新情報を是非フォローして下さい。

 
 
 

尖った人を活かす

カテゴリ: キャリア・教育 作成日:2016年11月06日(日)

友人と、「ある不自由が障害とされるか否かの境は曖昧なのではないか」という会話が先日ありました。例えば、私は目が悪いので、眼鏡がなかったならば、動体視力が大事だった時代には「障害者」という位置づけになっていたかもしれません。しかし、眼鏡があるので、何の不自由なく生活し、時に旅先で遠くの絶景を楽しむこともできます。技術が変われば、あるいは社会の豊かさが変われば、ある不自由は障害ではなくなり、あるいは一般に不自由とみなされていたことは個性として強みにすらなりえます。

 

この話に関連して、「個性が強い人は変な人が多い」ということを思い出しました。実例を公の場でお話しするのはやや差し障りがありますので(笑)、たまたま今ハリーポッターの音楽が流れているのでこれを例にすると、ハリーは結構しょうもない少年だと私は思います。だいたい、大人のアドバイスに従わないで酷い目にあったり、それだけならまだしも、無鉄砲な行動で仲間を危機に陥れたり。物語だから(!?)結果オーライなので問題ないわけですが、その行動だけを見たらなかなかの問題児です。しかし、彼はヒーローだから、その彼の無謀さすらも「ハリーは勇気がある」「他の人にはできないことを成し遂げる何かがある」と評価されるわけです。彼が主役のヒーロー以外だったら、評価されないこと請け合いです(余談ですが、成功する起業家というのは、ハリーのように無謀で周囲に迷惑をかける人の方が多いように思います)。

 

現実に、「この方は、おそらく他のことをやったらまったくダメだろうけれども…この分野については本当に凄い」という方を、私は何人か知っています。それは、難しいことではなく、例えば私の会社であれば…と、本人に直接話している内容ではありますが、やはりここで実例をあげるのはやめておきます(笑)。言えることは、個性を活かすとはそんなに難しいことではなく、身近にあればとても自然だということ。そして、個性を活かすためには、寛容さが必要だということです。個性のある人は偏っていることが多いので、「それもいいんじゃない」と大らかな気持ちを持っていないと周囲がストレスを感じることになります。

 

「尖った人を活かす」とは、古くて新しいテーマです。尖った人を活かすことは、本人のためにも、周囲のためにも、社会のためにもなります。政治や経営の立場からも、是非この問題を考えていただきたいと思います。

 

============

1)「企画担当・事業マネージャーのための会計ファイナンスセミナー」(無料)を好評開催中。詳しくはこちらから。

2) コースの詳細はプログラム一覧パンフレットからご確認いただけます。

3) 法人向け研修を提供中。こちらのフォームよりお問合せください

運転資本と下請法

カテゴリ: 会計・ファイナンス 作成日:2016年11月04日(金)

Newspicksを通じてはじめて知ったのですが、下請法という、下請代金の不当な値引き要請や支払期日の延期などを防ぐための法律があるそうです。それが50年ぶりに改正および運用強化の方向で、支払手形の期間短縮や、現金払いの要請が行われるとのこと。

 

「下請法」50年ぶり見直しへ。支払手形の期間短縮、ルール厳格化

下請法の運用強化、親事業者に「現金支払い」要請

 

クラスでは、経営者としては運転資本を最小化もしくはマイナスとすることが、自社のキャッシュフローを改善させるために望ましいというお話しをします。そして、これは自社の経営を行う上では間違いなく正しいことです。おそらく、大企業の方よりも、中小企業の経営者の方の方が、資金繰りという意味でこの点にシビアな感覚をもっていらっしゃると思います。

 

しかし、考えてみれば、自社の運転資本を改善するということは、仕入先への支払いを遅らせたり、販売先からの代金受取りを早めたりすることです。したがって、相手のキャッシュポジションは必ず悪化することになります。つまり、運転資本の水準を変えるということは、ゼロサムゲームなわけです。ですので、運転資本のご説明をしながら、すべての会社が自社のために運転資本を真剣に改善しようとすると、どうも世の中がギスギスしてしまうなあと思っていたりします(笑)。

 

相手との取引において、どのような水準が支払条件の落ち着きどころなのかは、究極的には答えがありませんので、その業界の「常識」によるということになります。しかし、半年以上の掛けが当然の業界があるという話を聞くと、歴史的な経緯があるのでしょうが、なぜそこまで相手企業の与信に責任を持たなければならないのか、いささか理解に苦しみます。どのような事情があるのでしょうか。

 

記事によると、政府の方針は中小企業が大企業との取引で不利にならないようにすることに主眼があるようです。ゼロサムゲームで答えがない以上、掛けの条件は交渉ポジションで決まります。したがって、交渉力の弱い中小企業を守るためには、法律で一律に条件を定めるのが最良の手段です(もちろん、中小企業の側には、新たな販売先を開拓して既存の販売先への交渉ポジションを強めるという選択肢もありますが、現実には容易ではないでしょう)。いずれ、このような購買の交渉についてもプログラムで扱ってみたいと考えています。

 

============

1)「企画担当・事業マネージャーのための会計ファイナンスセミナー」(無料)を好評開催中。詳しくはこちらから。

2) コースの詳細はプログラム一覧パンフレットからご確認いただけます。

3) 法人向け研修を提供中。こちらのフォームよりお問合せください

大人も勉強が必要

カテゴリ: キャリア・教育 作成日:2016年11月03日(木)

先日、ライフネット生命の出口会長の講演を伺う機会がありました。著書を拝見したことはありましたが、お話しを聞かせていただくのは初めてで、その博識ぶりと一貫した哲学に圧倒されました。

 

出口さんの哲学のひとつは、「人間は昔からそんなに変わっていないので、数字ファクトロジックでタテヨコを見てみれば(歴史と現在の比較、他者と自らの比較をすれば)だいたいのことはわかる」とお見受けしました。生命保険についてだけでなく、日本が抱える課題についてもお話しされていましたが、いずれも非常に論旨明快で強くうなずく内容ばかりでした。

 

もうひとつ、大変印象に残ったのは、「日本のおじさんは勉強しない」「工場モデルの『メシ、風呂、寝る』の働き方から、サービス業モデルの『人、本、旅(出かけること)』に働き方を変えなければならない」というお話しです。多くの大人が勉強をしなくて良いのは、戦後に生まれた、メーカーを前提とした日本の長期雇用慣行に大きな原因があります。しかし、現代ではサービス業に比重が移っており、サービス業で生産性を高めるには工夫や独創性が求められるため、勉強も必要だし、さまざまな刺激を受けることが必要だ、というわけです。

 

このような考えに強く共感するからこそ、私は新しい学びの場としてビジネス・スクールを作っているわけですが(笑)、わずか50分のお話しの中で、ご自分のスタンスを論旨一貫して示され、ライフネット生命の宣伝もしっかりとされる出口さんの努力には本当に脱帽いたしました。お忙しい中、どのように最新のトピックを含めて勉強されているのでしょうか。

 

私は就職活動をした時に、「金融業界では一生勉強が必要」という話を耳にし、「一生勉強するのは嫌だなあ」と思った記憶がハッキリとあります(それが理由ではないのですが、新卒の就職活動で私は金融機関を受けていません)。そのような私が、「大人も勉強が必要だ!」と論陣を張り、自分も好き好んで勉強をするようになったのですから、人生何があるかわかりませんね。

 

============

1)「企画担当・事業マネージャーのための会計ファイナンスセミナー」(無料)を好評開催中。詳しくはこちらから。

2) コースの詳細はプログラム一覧パンフレットからご確認いただけます。

3) 法人向け研修を提供中。こちらのフォームよりお問合せください

多様性と母校

カテゴリ: キャリア・教育 作成日:2016年11月01日(火)

先日、ある教育に関連する講演会に参加させていただきました。その中で、本当の意味での多様性の尊重とは、多様な人々がそのコミュニティの中で強い自己肯定感を持てることではないか、という趣旨のお話しがありました。

 

講演を聞きながら、自分が通った開成中高のことを思い起こしていました。私が通った開成について、皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか。世間では進学校のイメージが強いかもしれませんが、私のイメージは「混沌」です。

 

開成は、良く言えば生徒の自主性を重んじる、悪く言えば学校として何もしない(笑)学校です。開成の生徒は、統率があまりとれていません。先日、あるOB会に参加した際も、多くの参加者が来賓のスピーチを聞かずに会話に興じており、三つ子の魂百までと感じた次第です。

 

そんな開成の面白いところは、学校としても、また生徒としても、いろいろな人の好き勝手を「いいことだよね」と評価する風潮があることです。私は凡庸な文化系でしたが、天才、秀才、スポーツマン、カードゲームマニア、バンドマン、ナンパ師、生物オタク、ゲーマーなど、思い返してみると本当にいろいろな人がいました。そして、「よくわからないがアイツは〇〇についてやたら詳しい」など、それがどんな分野であっても(大きな声で言えないような分野であっても)、何かに凝る人を尊重する空気がありました。

 

もうひとつ、開成にはさまざまなイベント(有名なものは運動会と文化祭)や部活動がありますが、だいたいにおいて、貢献しようと思えばどのようなタイプの生徒でも何らかの形で活躍できる場がありました。例えば運動会では、基本的に一番活躍できるのはスポーツマンなわけですが(熱い友人から、いやいや君にも棒倒しに活躍の場があって…と諭されそうですが)、裏方の運営をすべて生徒が担っているため、文化系の人間は裏方で多いに力を発揮することができます。生徒の目からは、学校は大したことをしていないように見えていましたが、実際にはこのように多様な生徒の自主性を引き出す場を作り生徒に任せることこそが、学校運営のポイントなのでしょう。

 

面白いのは、卒業してしばらくすると、タイプの違いは関係がなくなり、卒業生としての絆が強くなるように感じられることです。生徒だった時は、やっぱり私のような文化系は、スポーツマンやバンドマンとは縁遠い傾向があったわけですが(笑)、おじさんになるとただの昔からの顔なじみになります。もう20年以上知った仲なわけで、この「混沌とした」仲間こそが卒業後の楽しみであり最大の財産ということになります。

 

そんなことを思い起こしながら、「多様性」の大切さを考えていました。ビジネス・スクールとしてはなるべく多様な人と関われる場を作っていきたいですし、自分の子どもには多様性が尊重される場で育って欲しいですね。 

 

============

1)「企画担当・事業マネージャーのための会計ファイナンスセミナー」(無料)を好評開催中。詳しくはこちらから。

2) コースの詳細はプログラム一覧パンフレットからご確認いただけます。

3) 法人向け研修を提供中。こちらのフォームよりお問合せください

初回プログラムが終了

カテゴリ: プログラム 作成日:2016年10月29日(土)

161029 okaki b


本日、バリュエーション(企業価値評価)プログラムの第1期が終了しました。2か月間参加いただいた皆さん、本当に有難うございました。

プログラムの募集時に、面白く有意義なプログラムにしよう!という意気込みと、ラフな構成案はあったものの、ゼロからの毎回の準備は非常に大変でした。何よりも、はじめて実施するプログラムで参加者の皆さんの理解度と反応が読めないことが、プログラムを作成する上で最も難しい点でした。参加者の皆さんとインタラクティブにやり取りをしながらどのように理解を深めていただくか、試行錯誤の連続でした。

 

おかげさまで、最終回に参加いただいた皆さん(まだ、一部のクラスに参加できなかった方向けの補講があるのですが)から、「他の方に勧めたい」というフィードバックを頂戴し、大変嬉しく思っています。一方で、難易度や進め方などで多くの改善点があり、これらを活かして来週から始まる第2期のプログラムはより良いものにしていきます。

 

冒頭の写真は、プログラム内で扱った企業の一例です。実践にこだわり、プログラムではこれらの企業の分析にも取り組みました。他にもいくつか扱った企業がありますが、事例はあればあるだけ面白いので、今後も鋭意事例研究にいそしんでいきます。

 

それにしても、講義するということが、これほど大変だとは思いませんでした。毎回、3時間のクラスが終わるとグッタリしてぼーっとしてしまいます。もしかすると、インタラクティブにクラスを進めることで、疲れが倍増するのかもしれません。今思い返すと、MBAでは先生方が3時間の授業を一日に2コマ持っていたりしました。彼らも、クラスが終わったらその日はお酒を飲んで寝てしまうのでしょうか。それとも、そのうち慣れるものなのか、 あるいは私の体力不足か・・・。

 

慣れることに期待しつつ、来週からの準備に取り組みたいと思います。参加者の皆さん、そしてプログラムを友人に勧めていただいた皆さん、本当に有難うございました!

 

============

1)「企画担当・事業マネージャーのための会計ファイナンスセミナー」(無料)を好評開催中。詳しくはこちらから。

2) コースの詳細はプログラム一覧パンフレットからご確認いただけます。

3) 法人向け研修を提供中。こちらのフォームよりお問合せください

ご挨拶

カテゴリ: その他 作成日:2016年10月21日(金)


20161021


ブログにアクセスをいただき有難うございます。プリンシプルズの藤波です。

本日、当社のウェブページを公開することができました。まだ、内容は少ないですが(今後のプログラムも1つしか掲載していません…)、これから内容を拡充していきますので、定期的にご覧いただけると大変嬉しいです。

ブログでは、私が関心を持つビジネス、教育やキャリアに関するテーマを取り上げていきます。また、私も起業家の端くれということになり、「起業」と言うよりは「創業」と言う方がしっくりきますが、会社起ち上げのあれこれなども書いてみたいと思っています。是非、ときどき覗いてみて下さい。こんな話を書いて欲しい、というリクエストがあれば歓迎ですので、ご連絡下さい!

 

当社は、2016年8月から事業を開始し、9月からバリュエーション(企業価値評価)の第1期プログラムを社会人の方々にご提供させていただいています。まだ、事業を始めて2か月ですが、まだ2か月しか経っていないのかと感じるほど時間の流れが早く、また本当に多くの方々に支えられてまずは2か月やってきたという感覚が強くあります。参加していただいている受講生の方々、いろいろな側面から私を支えてくれている友人や先輩方、仕事をサポートして下さるお取引先の方々、そしてあまり家にいなくても許してくれる家族など、皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。この場を借りて、改めてお礼を申し上げます。

というわけで、はじめは少し堅めに書きましたが、今後はカジュアルに書いていきたいと思います。皆さま、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします!

 

============

1)「企画担当・事業マネージャーのための会計ファイナンスセミナー」(無料)を好評開催中。詳しくはこちらから。

2) コースの詳細はプログラム一覧パンフレットからご確認いただけます。

3) 法人向け研修を提供中。こちらのフォームよりお問合せください