メニュー

seminar

概要

会計ファイナンスをテーマにしたニュースや本は世の中に溢れていますが、会計ファイナンスの発想を本当に身につけている人は多くありません。一方でよくビジネス雑誌で取り上げられるように「ビジネスパーソンは全員が会計ファイナンスを知らなければならない」わけでもありません。

 

本セミナーでは、投資銀行で多くのM&Aに携わり経営や事業における会計ファイナンスの使い方を熟知し、ビジネス・スクールを起ち上げた講師が、会計ファイナンスはどのようにビジネスに役立つのか誰にどれだけ必要なのかどのように学べば良いのかを事例を交えてわかりやすく解説します。

セミナーで扱うトピック

会計とファイナンスの違いを理解する

・会計ファイナンスのビジネスにおける意義と活用する場面を理解する

・会計ファイナンスを学ぶステップを理解する

・会計ファイナンスを自分が学ぶ必要があるかを理解する

・プリンシプルズ・ビジネス・スクールのご案内

※「これだけ押さえれば実務の会計・ファイナンスはOK!」というセミナーではありません(残念ながら2時間で会計ファイナンスを活用でききるようにはなりません) 

こんな方に勧めます

・企画担当で数字・会計・ファイナンスに苦手意識を持つ方

・数字に強くなりたい事業マネージャーの方

・決算を読めるようになりたい方

・事業計画作成、新規事業やM&Aなどに携わりレベルアップしたい方

・何となく会計ファイナンスに関心があるが意味や意義をよくわかっていない方

・セミナーのテーマに関心のあるすべての方(事前知識は不要です)

講師略歴

藤波由剛。ワークスアプリケーションズを経て、野村證券へ入社。投資銀行部門にてM&Aアドバイザリー・サービスを提供。MBA留学後、ビジネス教育・企業研修を提供するプリンシプルズを創業。共訳に『人事と組織の経済学・実践編』(日本経済新聞出版社)。シカゴ大学経営大学院修了(MBA)。東京大学法学部卒業。 

過去の参加者の声

多くの方より「よく理解できた」「もやもやが解消した」と高い評価をいただいています。

 

・会計ファイナンスがどのような場面で役立つか勉強になった。(金融)

・会計とファイナンスの全体像を俯瞰し何から取り組めば良いかが理解できた。(メガベンチャー)

・そもそも会計とファイナンスの違いがわかった。(官庁)

・「ファイナンス」という言葉がふわっとしているので、説明で意味がよくイメージできた。(ITコンサルティング)

・実務に焦点を当てた講義なので理論ばかりでなく面白かった。(ITコンサルティング)

・平易な言葉で網羅的に会計ファイナンスの説明をしてもらえた。(医療コンサルティング)

 

講師より一言

会計は事業を数字で可視化する言語、ファイナンスは投資調達のリスクリターンを定量化するツールであり、企画担当者や事業を俯瞰して見る事業マネージャーであれば本来は使いこなせなければならないスキルです。しかし、これらを「わかりやすく」「実務に即して」学べる機会は多くありません。なぜか、実務で役立つか「?」なことを小難しく説明する専門家が多いです。

 

ビジネススキルやビジネスの題材を扱ったニュースや本は溢れています。しかし、それらに「触れたことがある」ことと「実際に自分で考えられる」ことはまったく異なります。セミナーではできる限りわかりやすく会計とファイナンスとは「そもそも何なのか」「どう役立つか」をご説明します。そして、プリンシプルズの学びのスタイルに触れてみてください。 

ロジスティクス

〇日時(いずれも内容は同一)

・5月17日(木)19:30-21:30

・5月23日(水)19:30-21:30

・5月29日(火)19:30-21:30

 

〇費用

・無料

 

〇会場

・プリンシプルズ・ビジネス・スクール

(東京都千代田区隼町2番13号US半蔵門ビル1階、半蔵門駅より徒歩1分

アクセスマップはこちら

 

〇その他

・開始15分前より入室いただけます。

・受付時にお名刺を1枚頂戴いたします。

・当社にて同業者(研修事業など)と判断した場合は、お申込みをお断りする場合があります。

お申込み

*は必須項目です

必須項目です。
必須項目です。
Eメールアドレスを入力してください。
必須項目です。
必須項目です。
必須項目です。
必須項目です。
必須項目です。

  

 

【プライバシーポリシー】
このフォームからご登録いただいた情報は、プログラムへのお申込み、プログラムのご提供および当社のサービス等のお客様へのご案内に利用させていただきます。当社は、お客様のご承諾がない限り、お客様の個人情報を第三者に開示・提供することはございません(法令等により開示が必要な場合を除く)。